脱毛器の消耗品など購入後にかかる金額をチェック

脱毛器の本体価格は、その脱毛方式によって大きく差があります。そしてぜひ当サイトを見ていただいている方に知ってほしい事は、脱毛器には消耗品が必ずあるということです。さらに、その消耗品の価格は脱毛器によって大きく差があるのです。多くの方はこの事を知らないで脱毛器を購入してしまい、購入後の金銭的負担が大きいことに後になって気づくケースが多いのです。

例えば、現在販売されているケノンセンスエピGなど、脱毛器の主流であるフラッシュ脱毛器を例にあげてみましょう。これらの商品は、カートリッジと呼ばれる部品を通してフラッシュを照射します。このカートリッジが消耗品なのですが、イーモリジュのカートリッジは税込み8,400円に対し、センスエピは税込み5,250円です。 この価格だけをみるとセンスエピの方が安いのですが、実はそれぞれのカートリッジでフラッシュを照射できる回数が違います。イーモリジュの場合カートリッジ1個で最大18,000発照射できるのに対し、センスエピの場合は最大750発で、差は歴然です。もちろんどちらが総合的に見て安いかは言うまでもないことです。

消耗品については、他の脱毛方式の脱毛器でも同じことが言えます。商品によってその消耗品にかかる金銭的負担が大きく違いますので、購入後にかかる金額や消耗品についてよく確認して選ぶようにしましょう。

脱毛器の選び方

このページの先頭へ