毛穴の炎症

脱毛時の肌トラブルとしてよくあるケースが、「毛穴の炎症」です。これは埋没毛と同様にソイエやカミソリなどでムダ毛を処理した際に起きる可能性が高いです。

ムダ毛を直接毛穴から抜き取ったり、カミソリで処理した際に毛穴を傷つけてしまい、そこにばい菌が入ってしまって炎症を起こすことがあります。そしてさらに悪くなると、毛穴が赤くなったり化膿してしまったりすることがあります(毛嚢炎)。いわゆる「カミソリ負け」などもその一つです。

脱毛範囲がせまく、炎症を起こした毛穴が少ない場合はまだいいですが、広範囲に脱毛処理した後で炎症に気付いた場合ですと痛みをともなう場合もあります。治療法としては飲み薬や塗り薬の化膿止めなどです。

特に肌の弱い方などは脱毛の方法によっては毛穴の炎症を起こしてしまうことがありますので、使用する際には十分に注意する、もしくはイーモリジュセンスエピなどのフラッシュ脱毛方式の脱毛器を使用するようにしましょう。

脱毛器を使用する際の注意点

このページの先頭へ