脱毛器でのやけど

脱毛器を使用した際に、意外と多いのが『やけど(火傷)』です。特にやけどを起こしてしまう可能性が高いのが、トリアなどのレーザー脱毛器とサーミコン脱毛方式のノーノーヘアです。

まずレーザー脱毛器については、その名のとおりムダ毛を剃った状態で毛穴に直接レーザーを照射するのですが、その際レーザーの照射レベルが高すぎる場合や、肌の弱い方の場合などでやけどを起こす可能性があります。 イーモリジュなどのフラッシュ脱毛器と違い、照射範囲が狭いため肌が局所的にダメージを受けるので、やけどの状態になってしまうことがあります。レーザー脱毛器を使用する際には照射レベルを無理に上げずに、繰り返し脱毛処理を行う事が大切です。

また、ノーノーヘアの場合ですと、サーミコン脱毛方式自体が「ムダ毛を焼き切る」脱毛方式であり、肌に当てる部分に熱線が入っています。つまりその部分自体が高い熱を持っているため、肌に強く当てすぎるとやけどしてしまう可能性があります。 ムダ毛は処理できたとしても、肌そのものへのダメージが高くなってしまいますので、肌に当てる際には適切な強さで当てて処理するようにしましょう。

脱毛器を使用する際の注意点

このページの先頭へ