埋没毛

『埋没毛』という言葉を聞いたことはありませんか?通常、毛は毛穴から生えて皮膚の外へと出ます。 しかし、特にソイエなどのムダ毛を直接毛穴から抜き取る脱毛器を使用した際に、シェーバーの刃の部分が毛穴を傷つけてしまい、その修復の際に傷が癒着してしまい毛穴がふさがってしまう事があります。 その結果、ムダ毛が再び生えてきた際に毛穴がふさがっているため、皮膚の外に出ずに、皮膚の下に埋没した状態で生えてしまいます。これを埋没毛と呼びます。

埋没毛が生えてしまった場合、いくつかの対処方法があります。対処方法を知らない方は、針やピンセットなどで無理矢理皮膚の下から引っ張り出す方もいらっしゃいますが、結局その際に再び皮膚に傷ができてしまい、 埋没毛の繰り返し、さらに悪化すると炎症を起こす場合もありますので十分に注意してください。

埋没毛の一般的な対処方法としては、病院でレーザー治療を受けることです。しかし実際はレーザー治療で埋没毛を治しても、そのレーザー治療の痕が残ってしまうケースが多いそうです。 ですので、直接毛穴からムダ毛を抜く脱毛器や、カミソリで処理する場合などは特に注意が必要です。

脱毛器を使用する際の注意点

このページの先頭へ